ARATA プロフィール

プロフィール

ARATA(アラタ)は、和紙に新しい発想とデザインを融合させたジュエリーブランドです。ふわっとやわらかい肌触りと、かるくてやさしい着け心地。女性の心が躍る美しさ。身に着ける人のパーソナリティと共鳴し、新しい物語を紡ぎだす。そんな世界一やさしいジュエリーをつくるため、ARATAは生まれました。“和紙の可能性を新たなかたちに”をコンセプトに、和紙にもできること、和紙だからできること、が何かを常に考え、自然の恵みを手間ひまかけてひとつひとつかたちにしています。

ARATA メッセージ

メッセージ

“人に寄り添う、新しい和紙のかたち”
女性の心が躍る、世界一やさしいジュエリーをつくりたい…。和紙の本質を活かした、かるくて丈夫でやわらかい肌触りのジュエリーづくりのために、幾度となく試行錯誤をくりかえしました。今までにない、けれども不思議と違和感もない、新しい和紙と人との寄り添い方。ARATAのものづくりに触れる人々に、驚きとともに素敵だと感じてもらえますように。そして、新たな装いのひとつになりますように。

ARATA デザイナー 中村裕也

デザイナー

中村裕也 / Hiroya Nakamura
家業である寺社仏閣の和紙製品の製造に8年間従事。その中で、和紙に秘められた可能性や魅力を感じ、手漉き和紙の伝統と技術と価値を伝え、さらに発展させるため、ARATAを設立。

ARATA ヒストリー

ヒストリー

2008年 / 和紙ジュエリーの開発開始。
2011年 / 独自技法の立体成型和紙ジュエリーの完成。アートイベントや百貨店の期間限定ショップで販売開始。
2013年 / ARATAとして独立。小さな小さなアトリエ&ショップをオープン。ファッションとデザインの合同展示会「rooms」に出展。京都市主催の第1回「京ものユースコンペティション」でグランプリを受賞。
2014年 / roomsにてDiscover Japan 統括編集長アワードを受賞。
2015年 / アトリエ&ショップを移転。経済産業省による「ふるさと名物発掘・連携促進事業」The Wonder500の認定を受ける。
2018年 / 京都文化力プロジェクトで村田製作所賞受賞。

ARATA ブランド名の由来

ブランド名の由来

禅の言葉に日々是好日というものがあります。意味は、この世のすべてのことは自分の心が決めています。ですが、本来すべてのことに良し悪しはありません。ただ、自分にとって良かった悪かったという判断をしてしまいます。日々是好日とは、そんなこだわりやとらわれをさっぱり捨て切って、その日一日、ただこの一瞬を素直にありのままに生きる、清々しい境地のことを言います。そのために、ARATAは〝日々新たな気持ちで、新たな発想で精進する〟ということを大切に考えています。

COPYRIGHT  ©  ARATA  All RIGHTS RESERVED.