深閑の中。。

NO IMAGE

 

 

 

休日の日に京都の曼殊院(まんしゅいん)→聖護院(しょうごいん)→青蓮院(しょうれんいん)→智積院(ちしゃくいん)巡りに行ってきました( ´ ▽ ` )

 

町中間近に数々の由緒あるお寺ならびに神社があるのは京都ならでは。

生まれながらに住んでいるというのにこれまで自ら足を運んでまで行くことはなかった。

きっとそこまで関心がなかったからなのか…

けれどせっかくこのようなすばらしい町に住んでいるのだから何も知らない事はもったいないと思うようになり、ここしばらく趣味で朱印巡りをはじめています(#^.^#)

 

 

はじめに訪れた曼殊院があまりにもきれいだったのでブログに綴っておこう。

グリーン

小道

みどりのざわめきと一緒に香る澄みきった空気がなんと気持ちの良いことか。

小道のグリーンがどこまでも続く萌木色ですばらしく美しかった。

 

萌木いろ

自分では出すことはできない自然ならではのこのみどり色。

今の時期のグリーンは見ていて癒される。

なんでこんなにきれいなんやろう。って終始つぶやきながら小道を歩いていました。

いつも思うけれど見たままの美しさを写真におさめきることができずもどかしい。

その時見た景色そのままを撮せたら良いのだけれど…

本当に好きな色です。

 

ハートの植物

ハート型のような植物を発見した(◎_◎)

ピンクのアクセサリーのようにかしこく横にならんでぶらさがっているのが実にかわいらしい!

 

水辺

水面に浮かぶお花はピンクと白のグラデーション。

 

 

IMG_0156

光の反射で水辺に陰を落として模様ができているのがとってもきれいで静けさの中にある動を感じました。

 

 

 

閑静なお寺や神社へ訪れると必ず出迎えてくださる仏像やお釈迦様がいらっしゃいます。

どこか一点をじっと見つめておられるそのまなざしはまるで自分の心の中奥深くを見透かされているよう。

私達が産まれてくるずっと何年も前から現在にまでいたるたたずまいは何事にも動じずどっしりとした貫禄あるおももちでした。

静かなたたずまいを見ていると、自然と心が落ちつきしばらく立ちすくんでしまう。

深閑の中で日ごろのおこないをふり返りつつも自分のまだまだちっぽけな部分を再認識すると不思議と心が洗われるような清らかな気持ちになることができた。

帰り際にはたまには心を清めるために訪れるのもいいではないか。という思いにかられた。

 

きれいな空気をお腹いっぱい 吸い込んで心も体もスッキリと芯からリフレッシュできた一日だった。

あぁ、充実した良い休日を過ごすことができて良かった( ´▽`)

 

 .